banner

必要分で、余分な水を買いこまない

ウォーターサーバーを利用するにあたって、利用する水の代金というのはコストを低くするなら、気にしておきたい部分です。一般的なウォーターサーバーでは、レンタルされる水の量は7リットル〜18リットルまであります。7リットルだとおよそ二千円台から、12リットルだと二千円後半から、三千円後半までと、ウォーターサーバーを提供している会社や水の銘柄によってもばらつきがでてきます。今挙げた価格は、基本的な2本の値段となっているので、ボトル一個だと半額くらいの価格になります。コストを気にするならば、価格が低めの水をレンタルするか、容量を考えてみるといいですよ。

水の部分でコスト調節をするときに大切なのは、分量です。ウォーターサーバーを提供している以上、水の品質については基本的に心配しなくても大丈夫です。含まれるミネラルや鮮度、衛生などをチェックしておけばいいですよ。一人暮らしならば、7リットル2本でも長持ちすることがあります。また大家族ならば、たっぷり目の水を購入した方が、追加で足すこともなく全体的なコストを下げることもできます。1日2リットルが人の摂取水分量とされていますが、季節や環境、個人の体質によっても必要な水分はかわってきます。どれくらいのペースで水を消費するかに合わせて、購入する水の量を調節するのがベストです。

注目記事

banner
必要分で、余分な水を買いこまない

記事を見る

banner
サーバー代金、レンタル志向?

記事を見る

banner
もしもの、解約費用も抑えておく

記事を見る

Copyright(c) ウォーターサーバーは自然なコスパとなるか. All Rights Reserved.