banner

もしもの、解約費用も抑えておく

気に入って、安心して利用できるウォーターサーバーを選ぶことがおすすめですが、なかには使い続けていてほかの会社のものを利用したくなるときがあります。他のウォーターサーバーへとお引越し自体は面倒ではありませんが、ひとつ解約時の料金については忘れないでおくようにしましょう。この解約金は会社によっても、利用年数などによって左右されるので、契約前にしっかりとチェックして、見落としがないようにするのが最善です。

ウォーターサーバーを契約するときには、最低限の契約日数が定められているのがほとんどです。基本的には1年〜2年くらいの範囲が標準的な契約期間となっています。つまり、最低限この日数分は使い続けることがベターです。契約してすぐ、解約ということにならないよう、事前にちゃんと選ぶのは基本中の基本となっています。それでも解約したい時というのはでてくるので、解約料や期間が短いところを選ぶのもポイントのひとつです。早い所で6ヶ月、長いと期間が3年になるものもあります。6ヶ月はアルピナやハワイウォーターが。3年はMizuの樹という会社があります。一方、クリクラや北アルプス、ウォーターエナジーといったところは解約手数料がかかりません。まずは手数料のないところから、お試しでチョイスしてみるのもいいですよ。

注目記事

banner
必要分で、余分な水を買いこまない

記事を見る

banner
サーバー代金、レンタル志向?

記事を見る

banner
もしもの、解約費用も抑えておく

記事を見る

Copyright(c) ウォーターサーバーは自然なコスパとなるか. All Rights Reserved.