banner

水の賞味期限を意識してみる

ネットから手軽にボトルの注文もでき、自宅で質のいい水を楽しめるウォーターサーバーでは、コストを調節するなら意識しておきたい部分があります。基本的に、宅配会社は2本以上など、一定数まとめての配送となっていることが多いのです。この場合、12リットルのを複数頼んでしまうと、かなりの量のお水が届くことになります。なんにでも使えるのはいいことですが、しっかりと使いきれるかどうかを考えて、注文する水の量を考えるとお財布にもやさしく使うことができます。特に、ウォーターサーバーの水にもちゃんと賞味期限があります。

天然水など自然のお水なので、添加物などが混ざっておらず、ミネラルなど自然由来の成分だけです。そのため開封した後の水のボトルには、賞味期限が食品と同じように設けられています。これはそのお水によっても違いますが、数週間、だいたいは2週間程度が目安とされています。自然に利用して使い切れる量ならいいのですが、あれにこれにとムリして使っていっぱいいっぱい、だと過剰に水を頼んでいる可能性があります。水の賞味期限と使うペースを考えた上でお水を頼むか、なくなりそうな時に注文できるタイプのウォーターサーバーの会社を選ぶのがいいですよ。

注目記事

banner
必要分で、余分な水を買いこまない

記事を見る

banner
サーバー代金、レンタル志向?

記事を見る

banner
もしもの、解約費用も抑えておく

記事を見る

Copyright(c) ウォーターサーバーは自然なコスパとなるか. All Rights Reserved.